明日どうしようかな。

人生を前向きに楽しく生きる。

米朝戦争は起こってしまうのでしょうか?

 

 

f:id:issa991013on:20170929062125j:plain

 

 

先日、私の勤め先では実地指導という行政からのチェックがありました。その準備で少し忙しかったことで最近ブログの更新がめっきり減っていました。また気持ちを入れてマイペースでもしっかりと更新はしていこうと思っています。

 

 

さて、この間の日曜日に実地指導も終り子どもと公園で遊んでいると、小学校5・6年生の男の子3人ブランコこぎながら北朝鮮のミサイルのことやアメリカの事を「電磁パルス攻撃ってのは~・・」「金正恩ってやつは~・・」などと話しをしていました。

 

 

忙しいといっても北朝鮮のミサイルが北海道の上空を通過していたことは知っていましたが、そのことが小学生の間で話題にあがっていようとは思いもしませんでした。

 

私の少年時代には、まさか自国が戦争に加わる可能性があるなんて思いませんでしたし、自衛隊はもちろんありましたが、あくまで防衛の為であり日本は戦争放棄を明言している世界で一番クリーンな国という認識がありました。

そういう意味では、今の小学生が日本という国にどういうイメージを持っているのかは気になるところです。

 

 

先日の北海道の上空を通過した際にはJアラート(全国瞬時警報システム)が鳴ったようですが、埼玉県は対象ではありませんでした。それに対し「教えてほしい」「逃げようがない」などといった意見もあったようですが、Jアラートがなったから助かるということではないので、もしそうなった場合どのような行動をとれば良いのかを事前に話ししておく必要があります。

 

しかし、北朝鮮のミサイルが日本に着弾するまで10分以内です。Jアラートが鳴ってからやれることはそう多くありません。埼玉県のホームページの災害情報、【弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について】には避難時のマニュアルそのもので当たり前のことしか載っていません。

私にできる事といえば、万が一の為、水や非常食を用意しておくこと、自宅・職場それぞれの避難場所、また家族との集合場所などをしっかりと決めておくくらいです。

 

振り返ると人類の歴史は戦争の歴史です。戦争で得をする人は少なからずいますが、山ほどある戦争の犠牲もしっかり思い出してほしいものです。