明日どうしようかな。

人生を前向きに楽しく生きる。

所沢に大雨が降れば必ず冠水することがわかりました。

 

 

 

f:id:issa991013on:20170830222053j:plain

 

所沢に住んで明日でちょうど2年になります。

もう2年も経つのかと感慨深いですが、住宅ローンの返済もまだまだこれからと頑張らなければなりません。

 

住居を決める際にはもちろん所沢市ハザードマップを確認しました。当時は東日本大震災の影響からくる地震に対しての意識だけ異様に高く、河川の氾濫や冠水などの水害に関してはそこまで細かく見ていませんでした。

 

去年も夏に同じような大雨が降り、東川が氾濫したことがありました。当時、スポーツジムのサウナでオジ様方が「川から鯉が消えた」と悲しそうに話していました。去年の氾濫は何年かに一度くらいのモノだろうと思っていましたが、今日の雨で特に珍しい出来事ではないことがわかりました。今日の大雨は1時間に73ミリの激しい雨だったそうです。30ミリでバケツをひっくり返したような雨といいますが、今日の雨はそれ以上。滝のように降るとはこのことでしょう。

 

しかしそうは言っても、私の家はタワーマンションが並んでいるファルマン通りよりも高い位置にあるため浸水などの被害を受ける心配は少ないですが、近くにすぐに氾濫する川があるのは多少心配です。その近くで娘が遊ぶこともあるでしょうし、知合いが近くに住んでいることもあります。

 

 

大雨が降ると心配なことのもう一つは冠水です。今までは冠水するような場所とは縁がなかったのでテレビで見る水害の象徴的なシーンの一つという感じでしたが、所沢では珍しくありません。特に西武新宿線ではアンダーパスが多く航空公園駅付近のアンダーパスは要注意です。私は仕事で車をつかいますが、職場スタッフを含めて豪雨時のアンダーパスへの認識は高めておかなければなりません。

 

 

やはり気候は一昔前とは変わってきているなあという実感しかありません。異常気象はもはや異常ではなくなっています。