明日どうしようかな。

人生を前向きに楽しく生きる。

健康診断に行ってきました!

 

 

f:id:issa991013on:20170720224127j:plain

 

 

昨日、健康診断に行ってきました。

実は1か月程前に予約していましたが、感染性胃腸炎なるものにかかってしまい予約を取りなおした次第です。胃腸炎は37年間生きてきて初めてなりましたが、本当につらかったです。

 

協会けんぽの一般検診ですが、私の苦手なバリウムがあります。

今回で3度目ですが、その気持ち悪さからただただやりたくないという思いで、どんな病気がわかるのかなど調べることはありませんでした。今回は興味が湧き調べることにしました。

 

まず気になったのは、バリウム検査の前に当日朝食を食べないのはなぜかということです。私は朝食を必ず食べます。一人暮らしの時も含め何十年もの習慣なので「食べない」ということだけで非常にストレスを感じます。

 

【 食事が影響する検査 】

 

血液検査

血糖値と、中性脂肪の値が影響を受けやすくなります。特に血糖値は空腹時と食後では基準値が異なります。

 

胃のバリウム検査

バリウム検査は、X線を通さないバリウムを飲んでからレントゲン撮影をし、胃の壁の凹凸をみる検査です。ですから、胃に食べ物が入っていると凹凸が的確に見られなくなってしまいます。

 

上記の2つが主に健診当日の朝食を抜く理由です。血液検査などで数値が変わってしまうのは嫌なので、やはり朝食は我慢します。

 

 

 

 

さて、本題のバリウム検査です。

 

バリウム検査とは正式には「上部消化管造影検査」といいます。X線を透過しにくい性質を持つ液体のバリウムを飲み、それが食道から胃腸に流れていくところにX線を照射しながら行います。バリウムの流れは、そのまま、食事の流れということになりますので、食道や胃、十二指腸が狭くなっていないかどうかを見ることができます。

 

また、胃の粘膜についても、体を回転させてみることで、胃潰瘍による粘膜のくぼみの有無や、胃炎の有無なども見ることができます。的は、胃がんや食道健康診断で行われるバリウム検査の目がんの早期発見です。検査台の上で左へ右へと方向を変えながら撮影した経験をお持ちの方も多いと思いますが、あれは、バリウムが粘膜表面を滑り落ちていくときに、ポリープや潰瘍などが無いかをチェックしています。

 

 

私は以前、十二指腸潰瘍を経験しています。その後、ピロリ菌の除菌も行い不調はまったく感じていません。胃や腸に対してはそんなに心配はしていないものの、バリウムを一気に飲むこととマイク越しの指示を聞きながら体をくねくねと動かしながらの検査には全く慣れません。

 

しかし、家族がいるので検査はしっかりと受けとかなければと思います。

胃カメラのほうが精度が高いなどという噂も多々ありますが、何もしないよりはよっぽど安心ですよね。

 

 

最近、暑すぎますよね。

 

 

まだ梅雨明けもしていないのに、この暑さ。

明らかにおかしいですよね? 

 

私のところの職員も熱中症などの体調不良で欠勤が続いています。私も7月に入ってから睡眠の質が低下しています。暑さで5時過ぎには起きてしまい体が疲れやすくなっています。

 

そもそも日本の夏はこんなに暑かったでしょうか? 35℃を超える日はこんなに頻繁にはなかったと記憶しています。今は天気番組では必ずと言っていいほど熱中症のことを伝えます。

 

5~6年ほど前は、夏に高齢者以外が熱中症で倒れたと聞くと、最近の十代は身体が弱くなったのかな?などと楽観的に構えていましたが認識を変えたほうが良いですね。

 

遅すぎるかもしれませんが、この暑さはヤバいです。

 

熱中症対策は国レベルで考えたほうが良いと思います。サマータイムの導入であったり

と・・。この暑さは普通のことが普通にできなくなります。

 

 

 

昨晩、パスポートも持たない妻が言いました。

 

「老後は海外移住しよう。」

 

 

 

まだまだ夏は続きます。

無理せず頑張りましょう!

 

子どもの成長は思ったより早い。

 

 

昨日は体が疲れていたので、通っているスポーツクラブのプールに行き、所沢駅周辺で買い物しゆっくりと過ごしました。本日は家族で小手指にある市民プールに行く予定でしたが、職場で欠員が出てしまい出勤する羽目になりました。

 

急な出勤は「そういうこともある」と思っているところがあり、受け入れることは私自身難しくはありません。

 

ただ、子どもと約束をしている場合はちがいます。

5歳にもなるとしっかりしているもので約束を破ることが悪いということも、ご飯を食べる為には仕事をしなくてはならないことも知っています。

朝、子どもに説明します。子どもは出掛けられないことに腹を立て私を責めますが、その理由が仕事にあることも理解していて、すぐにあきらめます。

私は後ろ髪をひかれる思いで駅に向かいました。

 

 

しかし5歳児って、こんなに大人でしたっけ?

 

私は5歳の時の記憶を多く持っていないので、なんとも言えませんが、こんなに聞きわけは良くなかったように思います。

 

 

家に帰るとTVで「はじめてのおつかい」が放送していました。

  

おつかいをしているのは、私のところの子どもよりも小さな子たちです。

独身時代は見向きもしなかった番組を今は涙しながら見ています。子どもの成長は早いですね。たった一日で見違えるようにお兄さん・お姉さんになります。

 

大人ももっと挑戦しないといけませんね。

 

 

f:id:issa991013on:20170717234038j:plain

 

 

来週は子どもとの約束を守り、プールに連れていきたいと思います。

今回のプールは泳ぎをしっかり教えたいと考えています。またひとつ子どもに頑張ってもらいます。

 

図書館が進化していました!

 

 

私は図書館を使うことはほとんどありませんでした。

図書館を語るには知識はありませんが、この分野(行政サービス)についてはこんなに便利になったのかと驚きました。

 

f:id:issa991013on:20170716212600j:plain

 

 

私が子どもの頃は図書館といえば、古い図書しかなく早く閉館してしまうので利用することはほぼありませんでした。仕事で必要だと思った本であってもアマゾンで調べ購入したりと図書館のサービスを使うという選択肢はありませんでした。

インターネットが普及し時代が変わっていたのにかかわらず、私の認識は昔のままでした。

 

私の家から約2分のところに図書館があります。子どもの本を借りることや子ども映画館のイベントがあったりと、引っ越した当初は子どもの為の図書館利用でした。

 

しかし、今の仕事で研修担当になり参考図書を探している時に、もしかしたら使えるかもと思いいろいろと調べると、予約が市内すべての図書の中から出来たり指定のコンビニで図書を受け取りたりと便利なサービスがたくさんありました。

 

土曜日、日曜日も開館しているのでセカンドオフィスとしても利用することが出来ます。

家にいるといろいろな雑音が入ってきますが、ネット環境も整っている現在の図書館の利用価値はとても高いです。

 

自宅に個人の部屋や書斎がなくても、図書館が近くにあれば特に必要だと感じなくなるはずです。また、現在は雑誌などの種類も多く息抜きにも事欠きません。

 

図書館の変化には私が長い間気づいていなかったこともありますが、自宅に書斎を持ちたいなどと考えていたこともありましたが、徒歩2分でとてつもなく大きな書斎が手に入ったと考えてから特段個室が必要とは思わなくなりました。

 

また、利用しているのは若者が多いです。がんばっている姿を見ると刺激されます。

 

 

地方都市所沢の住宅の資産はどうなる?

 

私は今日仕事でした。

妻と子供はお休みのため、飯能のお祭りに行っています。

私はというとビールを飲みながら一人ブログを書いています。

(たまには一人も良いです)

 

f:id:issa991013on:20170715220737j:plain

 

 

2年ほど前に所沢市所沢駅に住宅を購入しました。

 

当時、家を探しているときに少しだけその地域の再開発計画などを調べました。

せっかくお金を使うわけだから、将来少しでも価値のある土地でいてほしいと思っていたわけです。

 

私は平日ほぼ毎日、子供を保育園に送りに行っているのですがその時に見える駅東口の工事の様子を見ると、所沢駅東口駅ビル計画にには多少期待してしまいます。

いろいろなお店が入り生活がまた少し楽しくなり、そこに人が集まってくる。

そんな想像が楽しくてしかたありません。

 

購入当時考えていた通り、資産を保ってくれるのではないか?などと安易な考えが浮かんでしまいます。実際には20年ほどは住む予定ですので短期的すぎますよね。

 

ちなみに住宅を購入したときに期待していた計画は所沢駅西口の計画でした。広大な土地に何ができるのかと淡い期待を込めて住宅購入に至りました。

そちらの計画は高層マンションが建つくらいのなんかパッとしない感じの情報しかありません。

 

東口駅ビル計画のⅠ期開業は2018年春です。

 

所沢駅東口駅ビル計画 http://www.seibupros.jp/about/develop/tokorozawa/outline/

 

 

こどもが小学校に上がる年にまた生活がすこし楽しくなっていると嬉しいです。

 

 

今一番の楽しみはぶっちゃけ仕事かも?

 

 

生活の中で睡眠以外に一番時間を使っているのが仕事です。

 

私は5年ほど前に転職をして福祉の世界に入りました。

その前の仕事は飲食業ですが、世の中的にはステータスが高い仕事ではないと思います。

 

 

そんな飲食業と比べても、福祉の世界では通常ありえないことが頻繁に起こります。

 

・作業効率が悪い。(そもそも作業効率という言葉がない)

・採算度外視(数字を把握していない)

・人間関係のモラルがない(尊重するという基本姿勢がない)

 

上記のこと以外にも、能力主義でなく経歴主義であったりといろいろとあります。

 

 

 

私が就職活動をしていた頃は、福祉の仕事の全体的な割合は今と比べるとまだ小さく

その道に行く人は少数派でした。

 

ですが、現在は若い人でも福祉の仕事が就職先の候補に入ることが多くなってきています。

今の若い人たちが福祉の世界にはいり、現状の福祉業界の仕事の仕方に慣れてしまうことに少しだけ危機感を持ちます。

 

 

私も一施設の責任者です。

部下には年上の人もいれば年下の人もいます。

 

少しずつ若い人にギャップを感じる年齢になりましたが、社会や時代に添っているのかを吟味しながら教育をしていくことが仕事上いちばんのやりがいになっています。

 

教育は自分が望んでいるよりもなかなか結果が出ませんが、想像したよりも良い結果を出してくれた時は自分のこと以上に嬉しく思います。

 

私に教育ができるできないかは別の話で、若い人には特にいろいろな角度で物事を見れるようになって欲しいと思います。

 

 

「生活をより楽しく!」という想いでブログを立ち上げたのに仕事の話になってしまいました。。

 

 

 

継続は力なり

 

 

ブログをスタートさせて37歳の男が少しワクワクしています。

まだ誰も読んでいないのに。

 

でも、新しい取り組みは良いです。

年齢を重ねるごとに新しい体験が少なくなりますが、刺激があるほうが楽しいです。

ブログを編集していてもよくわからないことが多いですね。

 

少しずつ勉強していきます。

 

 

 

 

~継続は力なり~

 

 

私は小・中学校とサッカーばかりしていたことで学業をおろそかにしていました。

中学校3年の夏の偏差値40程で、かなり焦ったことを今でも覚えています。

 

「継続は力なり」を胸に受験勉強に打ち込み、何とか高校に進学することが出来ました。

 

 

このブログも継続は力なりで頑張ります。

 

 

 

 

f:id:issa991013on:20170713223103j:plain

 

この間の週末は家族で三浦半島にいきました。

やはり海と山があるのはいいですね。

 

 

平日は仕事ばかりで自然に触れる機会が少ないですが、意識して空を見上げるようにしています。( あごのたるみが気になるのもありますが・・ )